ぶさぼこブログ

スポンサーリンク
ひそねとまそたん11話感想「モンパルナスの空とクズ女」

ひそねとまそたん第11話「モンパルナスの空とクズ女」観ました

 

「ひそまそ」もあと1話になりました。

 

第11話の今回は、ついにミタツ様を誘導する日が来て、Dパイや神職の小此木さん、巫女たちが自衛隊の航空機(?)や車両に乗り込みます。

自衛隊マニアだと、そこで「おおーーー」とかなるんでしょうけど、そこんところはよくわかりません。

 

ひそねの代わりにジョアおばあさんがDパイに!?

 

自衛隊を辞めると言って出て行った(追いだされた?)ひそねの代わりに、

あのジョアおばあさん、貞さんがまそたんのF-15に乗り込むことに!

 

「あの婆」って!ひどいじゃないか。

 

お国のためだそ(笑)

 

 

ゴローとゴロゴロするひそね

 

その頃ひそねは、富山の実家で猫のゴローとこたつに入ってゴロゴロ。

いなりずしを食べちらかしてるとか?

 

富山の父母は富山弁らしい言葉で話す。

 

上出来やっちゃ

 

そして、猫のゴローを探してきた部屋にアルバムが。

それにしても、猫のあの怒る感じの声がいいね~。

卒業アルバムは富山県立青木高等学校?

写真の中の部活のテニスのバッグのYONEXKOMEXになってて笑う。

これ、ひそねの部活ではないよね。
卒業アルバムだから、均等に写真があるのでしょう。

 

ひそねのあの感じ、よくわかるわー。
完全に浮いてるとかいうの。

 

そして、ジョアとかディアゴスティーニとか商品名出しすぎだから、NHKでは放送できないよねー。
(いや、もともと放送しない)

 

 

能登半島沖にミタツ様が!?

 

最初、ミタツ様は能登半島沖合に現出。

その後、貞さんが吻合を起こし、ひそねのいる富山で合流?

 

その時、ミタツ様は?

 

ミタツ様を連れて行くのは隠岐とかって言ってなかったっけ?

逆方向だけど、そこんところはよくわからない。

 

男もDパイにとられた柿崎飛行班長?

前に航空祭に来てたあの人か!?

 

 

ひそねの土下座とバイクでのあのシーン

 

あのシーンについてはもう、いろんな人が話題にしてるので省略。

それにしても偶然ですなー。

 

富山のあの橋でのシーン、聖地巡礼だとかで、マネするアホが現れませんように(笑)

スポンサーリンク


 

モンパルナスって…

 

今回の「モンパルナスの空とクズ女」の

モンパルナスは地名だと思っていたら…

モンパルナスは貞さんがDパイだったときに、巫女と二人でこっそり決めたまそたんの名前でした。

 

そして、貞さんの若い時の巫女とのあのシーン(汗)

 

 

次回はついに最終回

 

ひそまそ、どうなるんでしょう…。

やっぱり生け贄が必要なのでしょうか?

 

ひそねの大切な人(小此木さん)の大切な人(あの女子高生巫女)を守るために、何かやらかしてくれそうな…。

 

期待してしまいます。

 

 

最終回の第12話のあらすじは

 

“ミタツ様”を臥所へ誘導し、無事に“お寝返り”させるまでがDパイのミッションだ。
しかし、数千年続く国家的神事の背後には、秘匿され続けてきた重大事があった。“楔女”の存在とは?
そして、貞の内に秘められた過去とは?
それぞれの想いが交錯する中、“マツリゴト”は終局を迎えようとしていた。
日本国全体が瓦解の危機にさらされる絶体絶命の状況下で、ひそねとまそたんは何を決断し、
どう行動して、どんな未来を選ぶのか?

 

 

 


 

スポンサーリンク