ぶさぼこブログ

スポンサーリンク
映画「飢餓海峡」観てみました。石川さゆりさんの歌詞の意味が知りたくて。


 

アマゾンプライムに登録すると、いろんな映画をプライム特典で無料で見ることができてうれしい。

といっても、無料で見られるのが大量にありすぎるため、選ぶのに迷っている間に時間が過ぎてしまい、結局何も見られない、ってことになってしまうことも。

 

そこで

アマゾンのプライムビデオをYoutubeみたいに倍速で早く見られないかなー?

と思って検索してみたら、

 

なーんだ、見られるんじゃない!

 

結局あっさり自分の好きな速度で見られるようになりました。

その方法は…

 

というと、ここではその方法は書かない(ていうか設定してしまったら忘てしまった)ので、
そういうことを書いてある親切なサイトは他にあるので、他で見てください(不親切)

いろんな映画をサクサクと観ることが出来るようになって、とても便利。

といっても、あんまり早いと何を言ってるのかわからないけど(笑)

 

そこで

最近プライムビデオで見た映画は、

 

「飢餓海峡」

 

どうして今ごろこんな映画を見たかというと、

石川さゆりさんの歌「飢餓海峡」

 

石川さゆり 飢餓海峡


 

この「飢餓海峡」の歌詞が今ひとつ意味がわからなかったのです。

 

足の爪を、ほっぺにチクチク刺したり

殺して殺して

 

とか、何この世界!?

 

この歌詞の意味を知るには映画を見るしかない?

いや、原作読めって!

 

「飢餓海峡」は水上勉原作。

1965年に映画が出来て、1968年、1978年、1988年にテレビドラマ、そして1972年・1990年・2007年に舞台が制作されたらしい。

石川さゆりの「飢餓海峡」は、映画版をもとにした歌詞らしい。

「飢餓海峡」
歌:石川さゆり
作詞:吉岡治
作曲:弦哲也

 

 

わたしが見たのは、1965年の映画「飢餓海峡」

 

1965年といったら今から50年以上も前の映画。

そんな昔に作られた映画とは思えないほど素晴らしかった。

監督
内田吐夢

主な出演は

樽見京一郎/犬飼多吉
三國連太郎

杉戸八重
左幸子

弓坂吉太郎刑事・元刑事
伴淳三郎

味村時雄刑事
高倉健

杉戸長左衛門
加藤嘉

 

という豪華メンバー。

大男(身長が高い)だと言われる樽見京一郎には三國連太郎がピッタリだったし、
杉戸八重役の左幸子さん、もうこのイメージでしか杉戸八重が思い浮かばなくなってしまいました。

 

歌の中で一番の謎だった「足の爪」なんですが、映画を見ていたら「手の爪」なんじゃない?
と思ってしまいました。

映画の中では手の爪を切る場面しかなかったのですが、あの流れでいくと足の爪も当然切ってますよね。
なのであれは足の爪だったのでしょうか?

 

実は、歌だけ聴いて勝手に想像していたのは

二人は恋愛関係にあったけど、男性が戦争に行き、女性が恋しい男性を想って、形見の足の爪に恋人のぬくもりを求めてほっぽにチクチク刺す

のだと想像していました。

 

が!

 

全然違ってました(笑)

 

女性が一方的に男性に恩を感じ大事な人と思っていたんですね。

 

あんまり書くとネタバレになるので
(もうネタバレも何もありませんがね…笑)

 

記憶に残る映画でした。

「飢餓海峡」の歌の意味もわかったので、満足です。

 

飢餓海峡(プレビュー)