ぶさぼこブログ

スポンサーリンク
年をとると透明人間になれる? 高齢者のカメレオン服はコンクリート色かと思ったら…。

お年寄り、高齢者になるほど、周りの景色と一体化した服を着ていて、その存在に気づきにくいです。

夜道は黒い服を着ていると、まったく気づかれにくくて、車の運転をしているとドキッとすることがあります。

夜道に黒色の衣装は避けて欲しいものです。

 

 

昼間に黒色だったら、少しはその存在に気づくかも?

と思いますが、

なぜか昼間はグレー、灰色や茶色の服が多い。

 

この、グレーや汚い茶色の色の服は「ぞうきん色」というらしいです。

 

しかも、ただのぞうきんてはなく

 

思いっきり汚い所を拭いた後の使い込んだ雑巾。

 

小学校低学年の部屋の掃除は、鉛筆の芯の汚れで汚くなるそうですが、そんな色でしょうか?

 

この「雑巾色」のグレーの服を昼間着て歩いていると、

 

地面のコンクリートの色と同じなので、まったく姿が見えなくなります。

コンクリートと同化してしまっています。

 

透明人間!?

 

なので、高齢者のグレーの色の服は「雑巾色」か「コンクリート色」だと思っていました。

 

 

しかし!

 

スポンサーリンク


 

 

あれは、コンクリート色ではなくて、

 

 

お墓色

 

というらしい。

お墓色!

おはかいろ!

 


 

あの灰色の石の色?

 

黒色の墓石もありますが、多くは灰色っぽい。

 

御影石?

 

なるほどーー。

 

 

お墓に入るときが近づいてくると、自然とお墓色の衣装、

 

つまりグレーか黒色の服を着たくなるのでしょうか?

 

高齢になるとお墓に行く準備としてお墓色の服を着て、周りのひとが気づきにくくて

特に運転者が困っているならこの際、

 

 

お墓の色を黄色の蛍光色にしたりするのはどうでしょうか?

 

そうすれば、目立つ色の服を着ていて夜でも安全かもしれません。

 

スポンサーリンク